読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女子の考えごと。

女?、嫁?、ママ?、保護者?

<

近所の図書館にGO!想像以上によかったです。

お出かけ こども

田舎の図書館なので、都会とは比べものになりませんが・・・。
でも、たくさんの本が置いてあります。
今回、こどもがなぜか「行きたい」といったので一緒に行きました。
パソコンで検索
本の所在を検索できます。こどもでもできるように、低い位置にもパソコンが設置されています。もちろん、ひらがなで画面をタッチします。
ここで難問!
検索まではいけます。
ただ、絵本コーナーは本がたくさんありアバウト過ぎてどこに本があるのか探すのが大変!
途中で怒ってしまいました。
「所定の位置にない」
というストレスは誰にでもありますが、我が子は凸凹の関係上それがきついのです。
図書館内散策
下のこのバギーを押しながら、図書館散策。
これが親にとって試練です。
1人でウロウロするならまだしも、バギーを押していると誰かにぶつからないか心配なのです。ベビーカーと違ってかなり頑丈にできているので、あたると相当痛いです。なにせ11キロもありますから・・・。
そして、独り言もいうので・・・。
自宅での声の大きさにくらべたら格段に小声ですが、図書館では目立つので辛いです。
そろそろ、許してもらえる年齢でもなくなってきてますから・・・。
でも、図書館スゴい!
図鑑系の本が大量にあるのは図書館ならではですね。
家では高いし、かさばるし、見るか分からないし絶対に購入しませんから。
こんな本が無料で借りられるのはお得です。
こどもが興味を持ちそうな「天気の本」「花火の本」「図書館の本」「くらべる図鑑」などをピックアップして借りました。
こどもが選んだのは・・・。

この2冊。はい、小学生です。
独り言をいいながら、本をあけていました。
「うーん、どっちかなぁー」と言ってるあいだは平和。
そのご、
「お母さんどっちにいったらいい?」
「お母さんはどっちに行きたい?」・・・。
お呼びがかかって、「はぁ〜」ですね。
ただ、この本、とても人気がある?のか、けっこう破れていて修正されているけど修正されきれていないような状態なんですよね。これ以上、破損しないように気おつけないと・・・。

運動会が無事に終われば返却に行きます!