読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女子の考えごと。

女?、嫁?、ママ?、保護者?

<

せっかく始めた”はてなPro”。結局1ヶ月で終わってしまいました。あ、市の総合検診の結果も届いた!

やりたいこと

hirasol.hatenablog.com
こんな風に、やりたいことをやってみてかなり満足していた1ヶ月間。でも、あっけなく1ヶ月で終わってしまいました・・・。

その理由は・・・。

更新時期がちょうど夏休み真っ最中で、そんな心の余裕がなかった

もう、暑さとこどもとの時間に疲れきっててそれどころではありませんでした。
毎日、こどもが寝たら一気に力がぬけてソファーに座ると即寝落ち。

2時か3時頃に目が覚めて、そこから洗い物やら洗濯物干しやら片付けやらやって、
少し横になって5時起床。
もう、寝ないでおきっぱなしの日も多かったです。
そんな感じなので、またこどもが寝たら即寝落ち。

全く余裕のない日々を送っていました。

総合検診の結果が返ってきた!

そうこうしているうちに、7月に受けていた市の総合検診の結果もきました。
毎年、軽い気持ちで受けている割に、結果が届くのをみると中々開けるのに勇気がいります。

結果、ほぼA判定でした☆
2〜3年前の辛い時期よりも、個々の数値が改善されていました!
大腸がん健診や子宮がん検診もセーフでした。(ホッ)

なんと、友人が乳がんに・・・

これで、安心していたのですが友達がなんと話題の乳がんに・・・。
詳しいことは聞きませんでしたが、心配です。手術を目前にしてピリピリしていました。
”なんとなくおかしいな?”と思って受診したら見つかったそうです。

私は乳がん検診は受けたことがありません。
一度だけ市からクーポンをいただきましたが、残念ながら行きませんでした。
理由は
①生後数ヶ月の子供がいた
②健診を受けられる病院がかなり遠かった

という理由で、1000円で受けられる権利を放棄しました。

それから、引っ越ししたこともあったからか、今の市町村からはクーポンはもらっていません。

婦人科検診のハードルの高さ

子宮頸癌と乳がんは健診を!
と言われることも多いですが、ハードルは全然違います。
子宮頸癌は移動健診車?みたいなので、市の総合検診にもやってきます。
でも、乳がん検診は健診できる病院へ個別で申し込みをして受診します。
健診をしている病院も限られますし、ハードルはかなり高いです。

アメリカにすんでいた従兄弟は”アメリカでは20代の若い子でも健診受けてるよ”
と言っていました。婦人科検診って、日本ではまだ”受けるもの”にはなってませんよね。

ただ、数年前よりも健診を受ける人は増えたんじゃないかな?とも思います。
”えー、受けないって”って言ってたのが
”えー、どうしよう。痛いかなぁ。怖いなー。でも受けた方がいいよなー”
って感じになってきた感じがします。

数年前は私は”またでいいや”と受けていませんでした。
受けたこともなかったので、怖かったんです。
でも、たまたま友人に誘われて”一緒にいかない?”
そこで、勇気を振り絞って受けにいきました。

それからは、2年に1度受けています。

医療保険加入の時の心境

昨年、医療保険の見直しをして大幅にかえました。
子供も成長するとお金もかかってくるので保険の割合を少し減らす必要が出てきました。
やはり、3大疾病に関する項目を減らさざるをえず、スリム化しました。
加入時は、手厚くすると払えない程の保険料になるので”自分は大丈夫”と自己暗示を
かけてしまいます。
今の生活も大事。万が一のことも大事。
コレが保険なのですが、安心を買うってかなりお高いですよね。