読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女子の考えごと。

女?、嫁?、ママ?、保護者?

<

山あり谷ありの6月。また親子でダウン。蒸し暑さにいっきに心身やられました。

今回は、私が先に咳&痰からみで苦しんでいると、こどもも咳やねばっこい痰がからみついてしんどそう・・・。
お母さんもいつもよりゆっくり見てあげたいんだけど・・・。
今回は、どうやらお母さんの方が大変かもしれない。

こどもができてから、「自分の体調が悪いと病院にいく」というスキルが身に付き、
こどもも一緒に行ってきました。
かかりつけ医は、小児科と内科があるので、子供と大人と一カ所ですみます。
楽ですよね。

結婚するまでは、「病院に行く」感覚がありませんでした。
実家はど田舎なので、病院がなく診療所だけでした。
そこも、こどもの頃にいったっきりでした。

会社員時代、「病院行くので遅れます、早退します」が言えなくて、
それをいうなら出勤しますって感じでやってました。
一度、まあ今から考えたら多分「うつ状態」に近いような時もありました。
今、こうしていられるのもいろんな偶然の賜物だと思います。
あの時、助けていただいた上司には足をむけて眠れません。
くだらないおやじぎゃぐ満載でしたが、自分もものすごく忙しいのに
仕事の相談に乗っていただいていました。
どうされてるかな?そろそろ定年かな?

当時は、太陽の光をほとんどあびない生活でした。
薄暗いうちに出勤して、窓がない部屋で夜まで仕事をして、暗い中帰宅。
休みの日は寝てました。
同期もどんどん辞め、その度に、いかに辞めるのが大変か・・・。を見ていました。
「しんどいとかで辞められないな・・・」
そうこうしていたら、結婚することになり、なんとか退職できました。

今もなにかと大変な日々を過ごしていますが、母親に言わせると
「今は大変だけど、ちゃんと生きてる」そうです。
私は、今は気を配らなければいけない人が増えていっぱいいっぱいで、
また、自由な生活もできず「い〜!!」ってなるとき多いのに・・・。

でも、何故生きてる感じなのか?
髪の毛が変わったそうです。
会社員時代は、髪がカサカサで一時ストレスからか色が落ちていきました。
灰色みたいな感じになっていって、とても不健康そうだったようです。
お手入れの仕方を比べると今の方が断然適当です。
でも、ちゃんと黒い髪です。

それに、「今、私がいなくなったら子供たちを見れる人はいない」というのが
あるので、「生きてる」って感覚なのかもしれないです。
「私を必要としてくれる人がいる」って感覚かな?
独身のときは、そういった感覚が皆無でした。

梅雨でテンションさがって、体調不良で、なんかいろんな事を思い出して
どんどん沈みそうだったので、ここで吐き出しました。
頭の中にグルグルおいているよりも、文字化して外にだすほうが、整理されてスッキリ出来るかな。
さあ、これで一旦もやもやはおしまい!!

6月のジンクスにとらわれないように、早く心身ともに元気になろう!!