読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女子の考えごと。

女?、嫁?、ママ?、保護者?

<

【絵本紹介】もう ぬげない・こどものための本というよりも、父・母・祖父母が爆笑するための本です!

絵本紹介

先日、本屋さんで面白い本をみつけました。

表紙の絵を見て想像ができると思いますが、服をぬいでて「あと頭だけ」の状態で、
あれこれ、妄想するお話です。
いや、ほんとに面白くて、こどもの小さい頃を思い出します。
もちろん「やってた、やってた」って感じで。

ただ、これを子供の前で読んだら、子供は屈辱的なんだなと思います。
いや、最後の2〜3ページは、ほんとに・・・。

親や祖父母にとったら、「あるある」話なので爆笑できますが。

これをかかれた、ヨシタケシンスケさんは、ほかにもよく知られている本を書かれています。
本屋さんではだいたい、平積みや飾ってあるので目にされたことがあると思います。

みられたことありますよね。
本当に、これら、面白いです。
大人、共感しまくりです。
絵本として、子供が純粋に楽しむには高度な気もしますが、
高度かもしれないと思うのは、複雑な大人の感情かもしれないです。

ああ、大きな本屋さんで一日、いや数日いろんな本のチェックがしたい。
たまに、ジュンク堂にいくとテンションあがって仕方ないです。
そして、ものすごく重い手荷物が加わります。

電子書籍でもいい本もあるのですが、なんどもじっくりみたい本は、
手に取って、本棚にしまっておきたいです。
引っ越しごとに、結構売りに出して厳選書籍だけが残っているはずなのに
いつの間にか、また増える・・・。
増えるペースは格段に落ちたけれど、地味に・・・。

「本を読むのはいい」「新聞読むのはいい」とか言われますけど、
何を読んだら?時間ない、しんどい・・・。
とりあえず、絵本なら数分で読めますし絵をパラパラみるだけで終わりますよ。
ま、手にとるのに勇気がいる本もありますが・・・。

この本は、こどもが「これ、買って」と言ったので買ったのですが、
本屋さんでは触らないんです!!
「恥ずかしい」って。
買う、お母さんだって恥ずかしいよ〜

ま、今でもニヤニヤしながらみてます。

なんだか、いろいろ疲れて体調も優れなくて、でも少し絵本の世界に浸ると
その間はワクワク。
また、みんな元気になったら図書館・本屋さんへ行こう!!