読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女子の考えごと。

女?、嫁?、ママ?、保護者?

<

最近の絵本の会で、子供だけでなく、大人にも「絵本を借りよう」と案内があった。

絵本紹介

子供に読み聞かせをするのがいいとよく言われますね。
なので、子供が好きな本を借りて、もしくは大人が子供が好きそうな本を選んで読み聞かせをします。

先日参加した絵本の会で衝撃だったのが、
「お母さんも絵本を読むといいんですよ。自分が読みたい絵本を選んでください」
と言われたのです。驚きました。

冷静に考えれば、好きな本を借りるのはおかしなことではなく当たり前の事です。
ただ「絵本」とジャンルをしぼると、無意識のうちに「こどものため」となっていました。

「お母さんも・・・」と聞いて、うきうきしました。
そうです。私は、もともと本が好きで、絵本も大好きです。
子供をだしにして、絵本を買おうとしているような親です。
なので、自分の好きな絵本を選べるとあって真剣です。
(あ、こどものを選ぶ時もいろいろ考えてますよ・・・。)

そして選んだ本が、

このお話、小学生の時に劇をしたような記憶があって印象に残ってたんです。
でも、はっきりと内容をおぼえてなかったので借りました。
あとがきで、「ほんとうはなにがおこったか?」なんてあり、
子供時代とは別の楽しみ方があるなぁと思い、絵本に夢中です。

もう一冊は、これ。

「くまのこウーフ」というだけで、なにか心穏やかになれます。

こどもの本をかりに図書館にいかれたら、
自分用の絵本も手に取ってみてはいかがですか?

あ、ちなみに大人になってからも自分用絵本を買った事があるのです。

この絵本、数年前に有名になりましたがご存知ですか?
アカデミー賞短編アニメ賞を受賞した初の邦画作品の絵本です。
なんだか、なつかしいような泣きたくなるような絵本です。
とても、あたたかい絵なので心がちくちくとがっているときに眺めるだけでもよさそうです。
是非、自分用にどうぞ。