アラフォー女子の考えごと。

女?、嫁?、ママ?、保護者?

<

【本の紹介】希望の国のエクソダス(村上龍)をご存知ですか?〜この国にはなんでもある。だが希望だけがない〜

大分前に発売されている本ですが、時々読み返しどうしても手元に残しておきたい本があります。

この物語は1998〜2000年まで文芸春秋で連載されていました。
印象的な言葉は「この国にはなんでもある。だが希望だけがない」
なんだか、15年以上前に書かれたとは思えなくないですか?

物語は、中学2年生が突然学校へ行かなくなるところから始まります。
子供たちは、参考にできる大人がいないといっています。
自分たちが知りたいことを教えてくれる大人がいない。

そうして、インターネットなどを駆使して信用をつくりあげていきます。

購入当時は私は学生でした。
こんなすごいことできる人なんて物語のなかだけだよ〜と思っていました。
しかし、今現在。
同じことが起こっても全く不思議ではありません。

物語のなかの頭の固い大人になってしまってますし・・・。

今から自分に何ができるかはわかりませんし、
何かをしていく気力があるかは疑問です。

ただ、ブログを立ち上げてみたようにまだチャレンジ精神は多少あるのでしょう。

子供の為にも、頭が固いだけの親にはなりたくないなと思います。
とはいってますが、夏休みの宿題のことを考えるとすでにそうなっていますね・・・。

「この国にはなんでもある。だが希望だけがない」
こんな風に感じてしまうから、悲しい事件もたくさん起こるのかもしれませんね。

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」での出来事は衝撃的でした。
手をつなぐ育成会ではこのようなメッセージがだされています。

障害のある人もない人も、私たちは 一人ひとりが 大切な存在です。

障害があるからといって 誰かに傷つけられたりすることは、あってはなりません。

もし誰かが「障害者はいなくなればいい」なんて言っても、

私たち家族は 全力でみなさんのことを 守ります。

ですから、安心して、堂々と 生きてください。

これって、障害の有無関係なくうれしいことばですよね。
安心して、堂々と生きてください。
なんて、今、自分が言われたら泣けます。

たくさんの人がコメントされていたりしますが、実際に施設の中に入られたことがある人はどれくらいおられるんでしょうかね。仕事として施設に関わっておられる以外の方でどれくらいの人が訪問されたことがあるのでしょう?私は、たびたび訪れています。色々と思うこともでてきます。
何が正しくて、どうすることがいいのかもわからなくなります。
でも、誰もが安心して生きて行ける場所というのは必要なのではないかな?とだけは思いました。
ただし、安心できる場所ってとてもお金がかかります。
そういったことで、問題も出てくるんでしょうね。
どう整理をつけたらいいのかわからない事件です。

【本の紹介】読みたいと思いつつ読んでない本「将棋、歴史関係」

読書の夏。ではありませんが、本が好きなのに中々読めません。
一番の理由は、本が高いこと。
読みたい本を全部購入とかしていたら生活できません
図書館に行っても、なかったり貸し出し中で順番待ち数十人とか・・・。
ということで、読めないまま忘れてしまっている本が多いのです。

ということで、忘れないようにメモしておこうと思います。
まずは、漫画ですが「将棋の渡辺くん」

この渡辺くんは、棋士の渡辺明さんです。
もともと、教育テレビの【SWITCHインタビュー】で福永騎手と対談の放送を見てから気になっていました。
夫は将棋が好きなのでもともとよく知っていて、渡辺さんのことをよく話していました。
そしたら、漫画がでていて驚いたのです。
それが、とっても面白いのです。奥様が書かれています。
そして、行動が夫にそっくりなところがあって・・・。
夫は「偉大な人は同じような行動をとるんだ(笑)」
といってまして・・・。
「へぇ〜4000万とかの賞金もらったりするの?」と返すと目が泳いでました(笑)

いや、本当に面白いです。これが自分の夫だったら笑えませんが・・・。
さらっと読める漫画なので一度てにとってみられませんか?
もうすぐ、2巻発売です。
できれば、1巻から読むのがオススメです。

もう1つは、【不屈の棋士】
電王戦ってご存知ですか?
棋士VSコンピュータ の勝負です。
対局を見ていたら異様ですよ。
だって、将棋盤をはさんで人と機械が向かいあっているのです。
そして、開始の時に機械が礼もするんです。
やっている人はどんな感覚なんでしょう。相手は疲れることもありませんし・・・。
そういったことも書いてあるんでしょうか・・・。
とても読んでみたい本の1つです。あとは、日本史の本です。
漫画ではなくて、教科書みたいな感じで読んでみたいんです。
教科書はもうないので・・・。高校生のときに日本史をしていないので、一度じっくりと日本史と向かい合いたいなと思っています。ただ、理解が遅いのとすぐに忘れるのとで中々難しそうですが・・・。
それよりも、まず購入しないと・・・。じっくり読みたい本は購入したいですから。
ということで、クラウドワークスのお仕事の目標が増えました。
☑️はてなproの支払い
☑️読みたい本を買う
こう決めたら、頑張れそうです。

夏休みにもなっているので、中々時間をとるのも難しいですが身体を壊さない程度に手を出して行きたいと思います。

【絵本紹介】あっちゃんあがつく リズムよく読めるので2歳くらいからでも楽しめます!

久々に絵本の紹介をします。
なんだか、「もうすぐ夏休み」という事実に縛られてしまって違うことを考えるのを忘れていました。

あっちゃんあがつく・・読み聞かせが楽しくなります!

この絵本をご存知ですか?
これ、読み聞かせしやすい本です。リズムがいいんですよ。

あっちゃんあがつく あいすくりーむ
いっちゃんいがつく いちごじゃむ
うっちゃんうがつく うめぼしすっぱい
えっちゃんえがつく えびふらい
おっちゃんおがつく おにぎりふたつ

こんな感じで続きます。
左ページに文字が書いてあって、右ページは手書き風なかわいい絵が書いてあります。
この本、昔、図書館勤務をされていた親戚からいただきました。
当時は本屋さんで見かけたことがなかったので
「都会には面白い絵本があるんだなぁ」と思っていました。
見たことがない、知らないと、ネットで検索することもできないですから・・・。

しりとりしましょ

こちらは、あっちゃんあがつくのシリーズ版です。

こちらは、見開き一ページずつしりとりをしていきます。
「あ」から始まるとそのページは「い」で終わり、次のページは
「い」から始まり「う」で終わります。
よく考えてありますよね。

しりとりしましょ はじめは「あ」
あいすくりーむ むぎちゃ やきいも もち ちゃわんむし しゅうまい
しりとりしましょ おつぎは「い」
いちご ごましお おしるこ こしょう

こんな感じで続いていきます。
絵は、それぞれの食べ物の絵が並んでいます。
一番最初のページにこの本の「しりとり」のルールが書いてあります。
もちろん全部ひらがなで、子供にもわかるようにしてあります。

この2冊の本にはよくお世話になりました。
しりとりが流行った時に、なかなか思い出せない文字ありますよね。
いろんな単語を見ることで、親もしりとりに強くなります!!
普通に日常生活を送っているだけではしりとり弱いですよ。

保育園や幼稚園、小学校では何かにつけて「しりとり」はよくやります。
ゲームに勝つ為に!!っていうのは変ですが、頑張りがいはあります。

ことばえじてん

しりとりに勝つ為に・・・ではないですが、こちらの辞典も役に立ちます。
言葉の意味が載っているので抽象的な言葉をこどもに説明するのに役に立つ他、しりとりで困った時にすぐに調べられます。動詞もあるので、しりとりむきではなさそうな言葉もありますが結構よかったですよ。

絵本って、同じ人が選ぶとついつい似たような雰囲気の本ばかりになってしまいます。
あっちゃんあがつく・しりとりしましょは我が家で初めて雰囲気が異なる本になりました。そこからは、子供がえらぶこともあり、私が苦手な感じの本も増えました・・・。
ちょっと雰囲気の違う本に手を出してみたり、こどもにえらんでもらったり、
思わぬところでお気に入りの一冊が見つかると思いますのでチャレンジしてみてください!!

もうすぐ夏休みパート4!宿題は親ががんばる!?貯金箱編

さて、今日で終業式を迎えた子供たちが多いのではないでしょうか?
とうとうきました。夏休み。
明日から、昼ご飯の準備が・・・。ラジオ体操が・・・。
さて、工作、自由研究に続き貯金箱もメモっておきます。
親の懸念通り、やらねばならない宿題よりもどちらでもいい宿題に
やる気をみせているので、貯金箱もチェックしておきます。

手頃な貯金箱のキットを探してみる

仕掛けがある貯金箱や、見た目工作のような貯金箱。
見栄えを考えると、どうしても学校へ持って行きづらい作品になります。
他の作品同様、
・そこそこの見栄えで
・学校へ持って行きやすく
・できれば、簡単に
・子供が作成しました!
っていうようなものを探したいです。

ベタな感じはしますが、かわいいですよね。工作要素もあって・・・。
問題は「ちゃんと硬貨が落ちてくれるか」でしょうか。
おそらく、子供は使いたくなるでしょうから・・・。これは、親の趣味かな!?
自宅にもって帰った後の使い道は幅広そうです。自分で工作っぽくしたい子ならこちら!
粘土をくっつける貯金箱型の芯の部分と粘土がセットになっています。
もう、このまま制作に入れるのでお手軽です。

とりあえずは、3つの候補
宿題の一覧の紙を見ると、やってもやらなくてもいい宿題が山のように書いてありました。
「別に書かんでいいやん!!」と思ったのは私だけではないはず。
できれば、8月28日(日)までに大物の宿題が完了してくれることを願っています。
さあ、夏休みがんばりましょう!!

もうすぐ夏休みパート2!自由研究は親の宿題!?

工作に続いて、自由研究です。
まだ、低学年の場合は「やってもやらなくてもよい」となっていることがあります。
そんな甘い言葉が書いてあったら「即やらない!」となりそうですが・・・。

なぜか、絶対にやらないといけないものが後回しになって、
どっちでもいいものを「やりたい!」となるんです!!

なぜでしょう・・・

そして、身の丈にあいそうな、極力手間のかからない・・・
学校へ持って行きやすくて、できれば虫とか湧いてこないもので・・・
というようなものを、試行錯誤しながらパソコンとにらめっこするのです。

もちろん、本屋さんなどでも夏休み特集が組んであるのでたくさんあります。
ただ、なんの事前情報もなく子供とそこにいくと危険じゃないですか!?

チラッと本屋さんをのぞくと「蟻の巣の観察」的なものとかあったんですよ(涙)

アリのす観察キット
by カエレバ
あ、こんなやつです。
これって、ふたが開いてて部屋にでてきたらどうしよう。とか思うと絶対に避けたいです。なので、本屋さんでこういうところで立ち止まらないように誘導したい!!


こんなあたりは、気に入ってくれないかな・・・。
紫外線を調べようなんて、私も興味津々なんだけどな。
ま、私と子供の興味の矛先がかなり違っているのでむりかなぁ〜。

この、自由研究おたすけキットはシリーズになっていて本屋さんに並んでいます。
箱の大きさも20㌢以内と小さなものです。
購入もかさばらずにすみますね。

でも、こういった手頃で目に付きやすくいいなぁーとチェックするものは・・・。
夏休みのお盆前くらいにもしかしたら売り切れるかも!?
お盆過ぎて「ヤバい!そろそろやらないと!」って思った頃には・・・。

計画的に夏休みを過ごせる子は、こんな焦りを経験することもないんだろうな・・・。

いや、親は本当は焦る必要なんてこれっぽっちもないんですよ。
第一、ドリル系の宿題に関してはノータッチなんで。
工作系も、ノータッチを決め込んだらいいのでしょうか・・・。

さすがに、そこまで割り切れない優柔不断の母です。
ま、でも・・・。
「お母さん、どうしよう」
って言ってくるまでは待っておこう。
いつ泣きつかれてもいいように(たとえ、8月末でも・・・)
情報だけはこっそり集めておこう。

それで、売り切れていたら何かで妥協しようねってことで。

もうすぐ夏休み!自由研究・工作・貯金箱・・・あれは親の宿題でしょうか???工作編

気がつけば、7月もあれよあれよと・・・。
あまりの暑さに身体がついていきません。
水泳や登下校をこの暑さの中こなしている子供を尊敬します。

「しんどい〜」とだらだらしていても、怒ってはいけませんね。

さて、夏休み目前。これは私のメモ代わりかもしれません。
なぜって・・・。夏休みは恒例の自由研究・工作・貯金箱等々・・・。
子供が自分で材料を集めて自分で創作し作成するのはどれくらいいるのでしょう?
大抵、親がなにかしら手伝わないといけないような気がしますが。

何を隠そう私も子供の頃は、親におんぶに抱っこでした(汗)
お題や材料集めはお任せして、あとはやるだけの状態にしてもらってて・・・。
お恥ずかしい限りです。

なので、自分の子供が「何したらいいかわからん」と言い出すと、
「自分で考えなさい!」と強く言えないのです。
後ろめたいことがありすぎて・・・。
ばあちゃんにチクられたら一発でばれますし。

ということで、夏休みに向けてどんなものがあるかチェックしておこうと思います。
「簡単で」
「まあまあ見栄えして」
「学校に持って行きやすくて」
「できるだけ安くて」
「できれば面白そうな」
こんな、すばらしいものあるでしょうか???

候補1。センスが試されるかもしれませんがお手軽そうでよさそう!!
持ち運びも楽チンで、ランプとして自分の部屋におくこともできそうです。


これもきれいですね。辛い夏休みを、少しの間癒してくれるかも・・・!?

こうなると、完全に親の趣味。
親が子供のころにリアルに遊んでいたゲーム。

とりあえず、候補3つをメモっておこう。
いざ、夏休みになったらゆっくりパソコンを開くこともできなくなる可能性もあるので・・・。

【絵本紹介】とんでもない 鈴木のりたけ〜みんなちがって みんな大変!となりの芝生は青いですね!

やっと、心も身体も調子が戻ってきて後ろ向きモード脱却!!
新聞で紹介されていて、ずっと気になっていた絵本が届いて面白かったので紹介します。

ぼくは どこにでも いる ふつうのこ
ぼくにしか できないこと
ぼくにしか ない すごいところ
そんなの ひとつも みつからない

さいは いいなあ

こんな風にはじまります。
こんなふうに思った事ありませんか?

子供ではなくても、大人でも思う事ありますね。
それで、さいから始まってどんどんいろんな動物が出てきます。

その動物たちが「とんでもない」と自分の苦労を話し始めます。
そして、○○がうらやましい。
といって、次の動物にバトンタッチ。

「みんなちがって、みんないい」

といいますが、中々そうは思えない事ってありますよね。
この絵本は、他人が「うらやましい」と思うところは本人にとって「とてもしんどい」
と言う事を教えてくれます。

子供向け絵本かもしれませんが、
もしかしたら、大人の方がいろいろと考えさせられる絵本です。


鈴木のりたけさんは、他にも色々だされています。
よく本屋さんで見かけるのは、「しごとば」シリーズ。
イラストがリアルで、細かいんですよね。
子供は好きなページになると、動かなくなります。
いや、目は動いてますよ。楽しいんでしょうね。

面白い絵本だらけで、本屋さんはパラダイス。
残念ながら、図書館は人気の本が棚に残っている事は稀なんですよね。

新聞にのっていた本をすぐにチェックできる本屋さんは嬉しいですね。
さて、6月もあと一週間!!
元気で過ぎますように!!